ヒューマンフローラが提唱する「整菌スキンケア」は菌を整えることでアトピーや深刻な乾燥肌の方から絶大な支持を得ていることで有名な商品です。

「整菌スキンケア」とは肌にいる善玉菌・悪玉菌それぞれのバランスを整え、肌に必要な善玉菌を活性化させる新しいスキンケア方法で、医療関係の冊子でも「アトピー性皮膚炎などの治療に有効」と紹介されています。

ヒューマンフローラは、「菌を育み、育て、活かす」を目的に作成され、「肌にいる善玉菌を元気にすることで、肌本来の力を取り戻し、免疫力がある素肌をつくる。」ことを目指しています。

この「免疫力がある肌」とは、乾燥や吹き出物といった肌トラブルを自分の善玉菌を活性化させ、外的刺激に強い免疫力を持つ素肌のことです。

免疫力を使って肌の保護をすることを「肌のバリア機能」と呼び、紫外線や汚れといった外的刺激から肌を24時間守ってくれています。

しかし私達は生活習慣の乱れや間違ったスキンケアを続けることで肌本来が持つ免疫力を日々失っています。

皮脂膜で守る「肌のバリア機能」が正常に働いている肌は肌表面の角質層などが傷つくことがありませんが、

乾燥など肌トラブルがある肌はバリア機能がしっかりと働きません。

「肌のバリア機能」が働かず、角質層が傷ついてしまうことによって肌から水分が蒸発して逃げてしまい、自ら保湿成分を作り出すことが出来なくなり、最終的に肌トラブルの原因となります。

免疫力のある正常な肌は乾燥を感じると自ら保湿成分を作り出し、肌に潤いを与える働きがあります。

「免疫力がある肌」になるためには「肌のバリア機能」の活性化が必要です。

そしてこの機能を回復させるのがヒューマンフローラの役割です。

おすすめの記事