皮膚の常在細菌を活性化させることによって皮膚の健康を促す「ヒューマンフローラ」が注目を集めているのには理由があります。

皮膚には有用な善玉菌(皮膚常在細菌)の代表として「エピデルミディス菌」と「アクネス菌」が存在しています。

この2つが少なくなってくることで皮膚に異常が起こり、炎症等のトラブルが発生する仕組みになっています。

皮膚の炎症部位には、悪玉菌である黄色ブドウ球菌が増殖し、特に黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎の原因菌の代表格。

皮膚細胞に強い炎症を起こす刺激性物質を生産し続けてることで肌の異常を引き起こします。

これに対し善玉菌のエピデルミディス菌は皮膚細胞の成長を促す物質や、炎症を抑える酵素を生産しています。

代表的な症例としてアトピー性皮膚炎が起きた場合、善玉菌であるエピデルミディス菌は減少し、悪玉菌である黄色ブドウ球菌が増えます。

症状が落ち着いた状態になると黄色ブドウ球菌が減り、皮膚常在細菌であるエピデルミディス菌やアクネス菌が増えていきます。

アトピー性皮膚炎で起こる症状に対して原因となる外的環境を整えつつ、元から存在している善玉菌達のバランスも同時に整えることが大変重要です。

「ヒューマンフローラ」の商品はこれらの常在最近である善玉菌達を活性化させ、肌トラブルはもちろんホコリや細菌の増殖も防ぎ、紫外線による肌の老化も予防する働きを持っています。

おすすめの記事